Profile

あじろ けい

Author:あじろ けい

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
参加ランキング


にほんブログ村 小説ブログへ

素材サイト様
和風素材×フリー和柄素材 ネオ ジャポニズム
ホームページ作成用のサイケデリック調の和風素材や和柄素材、浮世絵調のフリー素材やデスクトップ壁紙のサイト
web*citron
シンブルで可愛い素材
十五夜
和素材の宝庫

無料写真素材フリー「花ざかりの森」
日本の森の美に感嘆
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

【雑記】一人称

一人称の小説を書いたことがない。

ふと気づいてしまった。

何故だろうと考えてみた。

一人称だと、より深く登場人物の感情に踏み込んでいけるのだが、そうした作業で自我が出てしまうのを恐れているのかもしれない。

登場人物の感情としているが、呼称に「私」を用いるため、作者としての考えを述べていると思われてしまいはしないか。

私は己の考えを述べたり、自分をさらけ出すことをあまりしない。小さい頃はそうでもなかったのだけれど、周りから変わっているねと言われ続けたので、大人になるにつれ、周りに合わせるようになった。

周りに合わせているといろんなことが楽だった。第一、何も言われない。ひとりにならないですむ。ひとりになるのがどれだけ恐ろしいことか、一度でも周りから浮いたことのある経験のある人ならわかるはず。

どうやら私は、一人称の小説によってさらけ出される己が非難されるのを恐れているらしい。

小説とは、共感するエンターテインメントだと私は考えている。登場人物の感情の動きに自分の感情を沿わせ、彼らが体験していることをあたかも自分も体験しているかのように感じる。これが小説を読む面白さだろう。

その登場人物の感情の動きがもっともつかみやすいのが、一人称の小説だ。作中、「私は」「僕は」という字面を追うだけで、自分が同じ感情を抱いているかのような錯覚に陥る。

これが、太郎や花子だと、そう簡単にはいかない。そこで小説家はあの手この手で、読者の花子さんに、登場人物、太郎の気持ちになってもらう。これがうまいのがプロの小説家。

私を含めた素人物書きはよく語彙の少なさを嘆くが、実は豊かな感情表現が出来ていないだけの話である。語彙の問題ではなく、表現力の問題。語彙の問題だとおもって感情に関わる語彙を増やしても、無駄である。喜怒哀楽は、感情を表す動作の語彙を用いなくてもできるし、むしろあえて用いないのがプロの技ではないだろうか。

わが身を振り返ってみる。

私は、自分自身を出したり、感情を表現するのが下手だ。自分を抑えるようにしてきたから、今さら出せと言われても難しい。

自分の思うところや感情がないわけではない。表現の仕方がわからないというだけ。

この人間としての欠点が、共感するエンターテインメント、小説を書く上で決定的な欠陥となる。

登場人物に感情を表現させてあげられないのだ。

最悪だ。

だから私の書く小説は面白味がないんだ。

私は自分自身の感情表現ですら苦手だ。現実では、抑えるだけ抑えていて、こらえきれないと爆発してしまう。

それは個人の問題として。

物書きとしては、面白い筋立ての小説うんぬんの前に、ありきたりの話の、それでも登場人物に心のある小説を書く修行をしたほうがいいのかもしれない。

Topic:物書きのひとりごと
Genre:Novel/Literature

ありがとうございます

拍手コメント、ありがとうございました。
お返事です。
続きを読むからお願いします。

Read more

【雑記】乃南アサとの再会

図書館で、乃南アサの文庫本を見つけたので借りてみた。

名前は知っていたが、これまで作品を読んだことはなかった。

実は、彼女のデビュー作「幸福な朝食」は知っていた。ただ、それが彼女による作品だとは当時も知らなかったし、今回文庫本を手にし、作家の略歴を読むまで知らなかった。

作品の質と中身は気にするけれど、誰が書いたかということは私にとってはどうでもいいことなので。

で、「幸福な朝食」。これ、確かドラマ化されて、私はそのドラマを観たことがある。

細かい部分は忘れているが、なにか強烈な印象を持ったらしく、ドラマのタイトルである「幸福な朝食」はずっと記憶に残っていた。

文庫本を手にして、「ああ、あのドラマの原作となった小説を書いた人か」と思い出した。

ドラマについては、あまりいい出来ではなかったということは覚えている。調べたら火曜サスペンス劇場で放送されたのだが、それまでの火サスとは趣向が異なっていたように記憶している。だから覚えていたんだろう。

なぜドラマとしては失敗(私はあれは失敗だとおもっている)したか、当該の小説ではないけれど、彼女の小説を読んでわかった。

これは映像化は、よほどの人でないと難しい。演者もきれいなだけの人では無理だろう。

私は彼女の作品をそう多く読んだわけではないが、短編をいくつか読んでの印象は、紙一重の狂気を巧みに描く作家だなあというものだった。

日常に潜む闇、静かに降り積もっていく狂気。近年大人気のサイコパスといった異常な人間ではなく、普通の人々が主人公で、彼らが闇にのみこまれていく様子を淡々とした筆運びで描いていくのだが、これは映像にするとまるで刺激のないものになる。

最終的に破綻というオチが待っているにしろ、そこにいたるまでの描写は、日常生活の風景の積み重ねとならざるを得ない。そうでないと、オチの破壊力が増さないからだが、下手をすると途中の日常風景の描写で見ている側は興味を失ってしまうのではないか。映像化されたドラマは、日常風景の表現があまりうまくなかったようにおもう。もしうまかったら、話題のドラマとなっていただろうが、そういった話は聞いていない(私が知らないだけかもしれないけれども)

彼女の作品は映像化すべきものではないと、作品を読んで強くおもった。

これは文章で楽しむものだ。いや、文章でなければ楽しめないものだ。人の心の奥底に潜む狂気といったものは目に見えない。見えないからこそ、おそろしい。それを伝えるのは言葉でしかできない。

それらしい映像やおどろおどろしい音楽などでもできるかもしれないが、言葉の表現力が抜きん出ている。

決して読後感が爽快であったりはしないが、小説が文字による表現世界だとすれば(自論です)、彼女のような物書きこそが物書きなんだとおもう。

Topic:物書きのひとりごと
Genre:Novel/Literature

【雑記】日本語のお作法

本多勝一著「日本語の作文技術」を読んだ。

私は日本語が下手である。日常生活に問題はないし、書くことにも不便はない。だが、うまいか下手かと聞かれたら、下手であるという自覚がある。

日本人に生まれ、日本語を駆使して生活してきたからといって、日本語がうまいかというとそうではないということだ。

日常生活で不便がなければ、日本語がうまいか下手かなどといったことについて気にする人間はいないだろう。

だが、私は日本語が大好きで、日本語で表現したいものがある。そういう人間だから、自分の日本語の下手さ加減にあきれてしまう。

日本語がうまくなりたいとおもって手にしたのが、前述の本だった。買って手元に置きっぱなしであったのをひっぱりだしてきて読んでみた。

著者がいうように、日本語による作文の定石を紹介しているので、定石から外れた書き物である小説を書く上での参考にはならない。まったくならないということはないが、この本に書かれていることを忠実に守ったら明日は新人賞受賞とかそういうことは決してないとだけは言い切れる。

小説を書く上ではまったくもって役には立たないが、日本語の作文とはいかにという点に興味があったから読んでみた。

著者は新聞記者であったことから、作文技術の目的は「わかりやすい文章」を書くことに焦点があてられていた。新聞とは、事実を伝える媒体であり、読み手は老若男女、年齢層もさまざまなことから、それらの読者すべてにわかりやすい文章を書くことが求められる。そういう意味では、修飾の順序や句読点の打ち方などに注意し、文章の通りをよくしろだの、誤解を招くような点を打つなという主張はもっともだとおもった。

ただし、この1冊で作文技術が即座に劇的に向上するとかそういったことは期待しないほうがいい。無意識に書いていた、あるいは読んでいた修飾関係や句読点などに注意を払うようにはなるので、小さな一歩を踏み出すことにはなるだろうけれども。

読み終わって気づいたことは、私たちは普段、日本語に対してなんと無神経なんだろうということだった。身に着いたものだから、意識せずに口をついて出たり、書いたりしているのだろうが、それが上達しない原因だ。母国語とはいえ、意識して用いなければ上達しないのだ。

言葉を意識して用いること。作文技術がどうのこうのと言う前にやるべきことを忘れていたと、この本を読んで思い出した。

Topic:物書きのひとりごと
Genre:Novel/Literature