Profile

あじろ けい

Author:あじろ けい

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
参加ランキング


にほんブログ村 小説ブログへ

素材サイト様
和風素材×フリー和柄素材 ネオ ジャポニズム
ホームページ作成用のサイケデリック調の和風素材や和柄素材、浮世絵調のフリー素材やデスクトップ壁紙のサイト
web*citron
シンブルで可愛い素材
十五夜
和素材の宝庫

無料写真素材フリー「花ざかりの森」
日本の森の美に感嘆
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終話 電球切れました

 クリスマスイブを翌日に控えた休日のその日、奈々子は2本のメールをうった。1通目は和也あてに、旅行のキャンセルを伝えた。
 もう1通は、太一にあてた。

 電球切れました

 奈々子は太一の返事を待った。
 ハイヒールはもう履かない。和也に買ってもらったハイヒールは押入れの奥深くにしまいこんだ。
 村上といた世界は、きらびやかで華やかだった。その世界で、奈々子は自由ではなかった。村上の目線で物を見、村上の好みの服を着て、村上の与えてくれる物を口にする。奈々子は奈々子自身ではいられなかった。ハイヒールに押し込まれた足のように窮屈で、ふらつく足元は奈々子を不安にさせた。
 背伸びしないでのびのびとしていられる場所はどこだったか。考えた結果、奈々子はハイヒールを脱ぎ捨てることにした。
 スニーカーをはき、リップはグロスだけで、奈々子は街に出た。
 5センチ、ちぢんだ世界。
 だが、そこが奈々子のいる場所、落ち着く場所だった。
 つま先立たなくても手の届くもの、そこで手にしたもの ― 奈々子は自分が手にしていたものをみつめなおしていた。それは太一だった。
 メールの着信音が鳴った。

換えの電球は?
 買ってきて
ワット数は?
 わからない
先そっちいく

太一からの最後の返信を受け取ったとき、奈々子は太一の住むマンション前についてしまっていた。メールの数分後、あわただしくエントランスをかけだしてきた大きな影があった。
「ここに住んでたんだ」
 スニーカーのかかとを踏んだままの太一は、奈々子の顔をみてぽかんとしていた。言い訳でも考えているのか、その口元がかすかに動いていたが、結局は観念したような深いため息をもらすだけに終わった。
「なんで、うちの近所に住んでるってウソついたの?」
 奈々子は太一を責めてはいなかった。ただ、純粋に理由が知りたい、それだけで奈々子は太一の答えをゆっくり待った。
「送っていくのに、そのほうが都合がよかったから……」
 太一のほうがよほど奈々子を理解している。心細い思いで夜道を歩いていても、「送る」と言われたら奈々子は反発してしまっていただろう。ちょうど、メール便を取ってくれた太一にむっとしたように。
「電球切れたってのは……」
「いつかは切れるものじゃない? 切れる前に換えたっていいわよね」
 奈々子は電球だってひとりで換えられる。少し手間がかかるが、台を使えばいいだけのことだ。だが、人を頼ってみてもいいのではないかと思う。
 太一に頼ってみても……。
 自分ひとりで何でもやるより誰かと一緒のほうが楽しい。その誰かが太一だといい。太一と一緒にいたい。
「電球、横綱でセールだって」
「よってくかー」

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。