Profile

あじろ けい

Author:あじろ けい

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
参加ランキング


にほんブログ村 小説ブログへ

素材サイト様
和風素材×フリー和柄素材 ネオ ジャポニズム
ホームページ作成用のサイケデリック調の和風素材や和柄素材、浮世絵調のフリー素材やデスクトップ壁紙のサイト
web*citron
シンブルで可愛い素材
十五夜
和素材の宝庫

無料写真素材フリー「花ざかりの森」
日本の森の美に感嘆
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪喰い 1-2

 コーヒーを買って帰ると、部屋に見知らぬ男がいた。
「鍵がかかっていなかったのでね。勝手に入らせてもらったよ」
 男は一脚きりしかない椅子に腰を下ろし、テーブルのはじに肘を預けていた。部屋の主であるアルを目の前にして、立ち上がろうともしない。
 年は40前後、ブラウンの髪は短めできちんと整えられている。髪と同じ色のブラウンの瞳。組んだ足先の靴は顔がうつりこみそうなほどに磨かれている。ダークブルーのスーツにのりのきいた明るいブルーシャツ、シルクのタイも同じブルーで、パンツにはきっちりと折り目がついていた。組んだ手はマシュマロのような質感で、爪は丁寧にカットされていた。
「クレイグ・ノーマン」
 そう名乗った男はスーツの胸ポケットから名刺入れを取り出し、慣れた手つきで名刺を差し出した。その間、男は椅子に座ったままだった。
「弁護士が何の用だっていうんです?」
 名刺を受け取らなかったアルが職業を言い当てたので、ノーマンは驚いたように眉根をあげたが、すぐに冷静さを取り戻し、名刺はテーブルの上に置いた。
 ノーマンを一目見た時から、アルはその正体にピンときていた。
 ハリケーンが去った後、ニューオリンズを襲ったのは弁護士の一団だった。保険の支払手続きの請求は煩雑だから専門家の手が要るだろうというのである。しかし同じ弁護士たちは保険会社にもつけいっていて、保険の支払をどうにかこうにか回避する術を企業側に授けているのだった。
 上等なスーツをまとった、身なりは清潔なハイエナたち。当時、アルが抱いた弁護士に対する印象だった。見かけだけは上品にみえるノーマンから、アルは弁護士独特の悪臭を嗅ぎ取っていた。
「私の依頼人(クライアント)があなたに用がある」
 ノーマンは腕時計に目をやった。時間が気になるらしい。金回りのよさを誇示するかのように豪奢な造りの巨大な文字盤(フェイス)が手首を覆っていた。
「単刀直入に言おう。私のクライアントはあなたに罪喰いの仕事をしてもらいたいと望んでいる」
 自分の役目はテープレコーダーのようにクライアントの言い分を再生するだけだと言わんばかりに、ノーマンの声には何の抑揚も感じられなかった。
 バーテンダーの仕事の他に、アルは罪喰いと呼ばれる仕事を請け負っている。仕事というよりは、宿業といったほうが正しい。
 罪喰いとは、他人の罪をその身に引き受ける儀式をいう。罪のすべてをアルに受け渡した人間は、晴れてイノセントな人間として天国の門をくぐることができる。生きている間は悔悛をつけとして罪を犯し続け、死ぬ間際、目の前に地獄の門が口開いているのをみて慌てて罪を悔いようとする、というよりは都合よく他人に肩代わりさせようというもので、依頼人には死にかけている人間が多かった。
 罪を引き受けるからには、それらの罪はアルが犯したものとみなされる。犯してもいない罪をその身におわなければならない羽目になったのは、アルがはるか昔に犯した大罪のゆえだった。
「今日の午後の便で来るように。それとこれは手付金ということで」
 ノーマンは小切手と航空券を取り出した。アルに歩み寄ってくるわけでもなく椅子に座ったままである。人に物を頼む態度では到底ない。
 弁護士は時に依頼人の威を借りる。弁護士とは依頼人の代理人(エージェント)なのでそうせざるを得ないのだろう。ノーマンの態度から、アルは依頼人が容易に想像できた。何事も自分の思い通りに進まなければ気がすまず、まっすぐなものを曲げてでも思い通りにしてきた人物。邪魔者には容赦なく、利用できるものなら道端の石ころでさえも利用し、役目を終えたらさっさと切り捨てる。自分が金で動くものだから、他人も金で動くものだという信条でいる。特に珍しいタイプの人間でもない。程度の差はあれ、自分が犯してきた罪を最後には他人におしつけて自分だけがいい思いをしようとする人間はみな似たり寄ったりである。
 アルが受取ろうとしないので、仕方なしにノーマンは小切手と航空券をテーブルの上に投げ捨てるように置いて部屋を出ていった。
 ノーマンは依頼人の名前を口にしなかった。アルも尋ねなかった。依頼人がどこの誰であるかはアルの関知するところではない。罪喰いにとって重要なのは、何の罪を犯したかだけだ。
 ノーマンは一方的に自分の依頼人の要望を述べ、アルのイエスかノーかの返事も聞かなかった。おしつけるように航空券と小切手を置いていったのは、ノーという選択肢はありえないという意思表示で、それは依頼というよりは命令でしかなかった。
 花模様の描かれた繊細な鉄柵にもたれながら、アルは外を行くノーマンを見送った。通りに出るなり、ノーマンは再び時計を確認した。弁護士は時間で稼ぐ。一分一秒が金銭の出入りに作用する。アルに罪喰いの依頼を伝えに来ただけでノーマンはどれだけの金を稼いだのだろう。ひとつの仕事を終えたからには彼の頭はもう次の仕事のことを考えているだろう。ノーマンは携帯電話で誰かに連絡をとっていた。
 航空券はファーストクラス、行き先はボストンとあった。小切手にはゼロが行列を成している。振出人は、ガブリエル・ジョンストン。男女共にある名前だが、Lが二つ並び、末尾にEのある表記(スペル)だから女だ。
 女の依頼人かと、アルは身構えた。アルが呪われた身となったのは、してはいけないとされていた罪喰いを、ある女から懇願されて行ったからだった。あれから600年もの年月が経ったというのに当時を思いだすだけで、女に対する憎しみでアルは全身に激痛を覚える。
 アルは航空券と小切手とをまっぷたつに切り裂いた。次の瞬間にはノーマン弁護士の訪問のことは記憶のかなたへと飛び去り、アルの頭の中は、今夜もバーで行われるライブのことでいっぱいになった。

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。