Profile

あじろ けい

Author:あじろ けい

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
参加ランキング


にほんブログ村 小説ブログへ

素材サイト様
和風素材×フリー和柄素材 ネオ ジャポニズム
ホームページ作成用のサイケデリック調の和風素材や和柄素材、浮世絵調のフリー素材やデスクトップ壁紙のサイト
web*citron
シンブルで可愛い素材
十五夜
和素材の宝庫

無料写真素材フリー「花ざかりの森」
日本の森の美に感嘆
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪喰い 4-3

 わしは南アフリカで生まれ育った。両親はとうもろこしの農場を経営していた。20の春だった。農場経営を手伝うのに嫌気がさし、わしはアメリカに渡った。何をしようというのでもない。何ができたわけでもない。結局、アメリカでもあちこちの農場を渡り歩いてその日その日を食いつないでいた。
 そのうち父が亡くなった。父の農場は兄が継いで経営していた。素朴さだけが取り柄のような兄はわしとはまるで違っていた。向上心というものがまるでない。田舎の農場主におさまってその日暮らしていけるだけの糧があれば満足する、そういう人間だった。わしは違う。欲しいものは際限なかった。金、女。だが、日々のパンさえ手に入れるのさえ難しい。アメリカでわしはそんな生活を送っていた。
 ある日、わしは兄から手紙をもらった。農場でダイヤモンドがみつかったという。わしは急いで帰国した。だが、ダイヤモンドがうなるほどある農場はすべて兄のものだった。
 ――わしは兄夫婦を殺した。
 ダイヤモンド鉱山を手に入れ、わしには大金が転がりこんできた。その金をもとでにわしはアメリカで運送事業を始めた。トラック運転手をしていたわしは、物流にビジネスの勝機を見出していた。作った物を誰かが運ばなきゃならん。物はどんどん作られる。あの広大な大地の隅々にまで物資を行きわたらせるのに、運送業は不可欠だったってわけだ。
 事業は大成功し、わしはさらに金を手にいれた。金のある人間には金が入ってくるものだ。
 わしは物流王と呼ばれるようになった。今の地位にのぼりつめるまで踏み台にしてきた人間は数知れない。わしを恨んでいる人間は星の数ほどいるだろう。仕事を失って家庭を失って自殺したような人間にとっては、わしが殺人犯人だろう……。
 ――初めて女を抱いたのは14の時だった。相手は農場で働いていた黒人の女だった。30がらみの、男とみれば誰とでも寝る女だった。女には娘がいた。わしはその娘とも寝た。娘は妊娠した。黒人女との間に出来た子どもを産ませるわけにはいかない。私は彼女と、その母親とを殺した。娘はまだ12だった……。これが悪夢のはじまりだった。
 彼女は、わしの夢に出てくるようになった。生まれてくるはずのなかった赤ん坊を腕に抱いて、白い歯を見せて笑いかける。その股からは血が流れているのだ。私は夢の中で彼女を犯す。彼女が息絶えるまで犯し続ける……。すべては夢のようだった。
 私は少女たちを犯して殺した。何人殺したかわからない。10人か、ダースか、それ以上か。季節農業労働者としてやトラックの運転手をしたりしてアメリカ中を放浪していた頃だ。少女たちは行く先々で適当にみつくろった。酒や煙草をちらつかせると彼女たちは黙って私についてきた。まわりからちやほやされて自尊心の強そうな子にはモデルにならないかとでも声をかければ無防備に私の手の中に落ちてきた。欲望を満たした後は、始末に困って殺した。死体はそこらの道端に捨てた。トラック運転手をしていたから、どこに捨てれば見つからないですむかなんてことは心得ていた。
 兄夫婦を殺して大金を手に入れてからは、少女たちを見ても何とも思わなかった。金を造るほうが楽しかったからな。だが、金が黙っていても手に入るようになると、またあの邪まな欲望が頭をもたげてくるようになった。
 わしは最初の結婚をしていた。相手はボストンじゃちょっと名のある家の娘だったが、金に困っていた。むこうは金が欲しい、わしは名前が欲しい、互いに利益のある結婚だった。愛はなかった。わしは、普通の肉体関係では満足できない体になっていた。商売女は心得ている。彼女たちで満足しておけば……あの娘があらわれなければ……。
 彼女は美しかった。私にむかって無邪気に笑いかけてきた。その笑顔が私を誘っていた。少女だというのに、すでに女の媚を得ていた。
 私は彼女を犯し、他の少女たちの時と同じようにそこいらに捨てた。30年以上も昔の話だ。わしはその時、へまをしでかした。死体を処理する時、男に見られたのだ。逮捕されるだろうかと怯えたが、警察は別の男を逮捕した。少女の父親だという話だった。
 わしはまた金に執着する生活に戻った。金はいい。わしを裏切らない。わしは最初の妻も殺した。男を作ったのだ。男を作るだけならいいが、わしの金を食う男だった。男もついでに殺してやった。
 ――教会に通う15歳の少女を暴行して妊娠させ、中絶を迫ったという話は本当だ



 ジョンストンが罪の告白を終えたとたん、その心臓が皮膚を突き破って飛び出してきた。どす黒いタールのようなものを全身から滴らせ、鼻をもぎ取りたくなるほどの罪の腐臭を放っている。ジョンストンの罪をその身に引き受けるには、アルは悪臭をまとったその心臓を口にしなければならない。その心臓をつかみ取ろうとした瞬間、アルの手をかすめて心臓を奪った人間がいた。パメラ看護師だった。
 初老とは思えぬほどの素早い身のこなしで宙に浮いた心臓をつかんだパメラ看護師は、ジョンストンの心臓を地獄の底にむかって勢いよく投げつけた。
「地獄へ落ちろ、このくそったれが!」
 心臓はたちまち赤黒いタールの渦にのみこまれ、その姿を消してしまった。パメラ看護師の思わぬ邪魔が入り、アルは罪喰いに失敗してしまった。
 ジョンストンの汚れた魂をのみこんで満足したかのように地獄の門はゆっくり閉じようとしていた。取り戻しようがない。アルが諦めた瞬間、渦の中心から心臓が勢いよく飛び出してきた。全身を包んでいたどす黒い粘液はすっかり取り払われ、つるりとした表面を大小の血管が覆い尽くし、力強い鼓動を打っている。さっぱりしたとでもいいたげな心臓は、ジョンストンの胸の上で躍ったかとおもうと、皮膚をゆすってその下へともぐりこんでいった。
「長生きしろ、ジョンストン!」
 いつの間に地獄に戻ったのか、とじようとする渦の奥からサタンの高笑いが聞こえてきていた。サタンはジョンストンの罪を洗い流し、健康な心臓を返して寄越したのだった。

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。