Profile

あじろ けい

Author:あじろ けい

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
参加ランキング


にほんブログ村 小説ブログへ

素材サイト様
和風素材×フリー和柄素材 ネオ ジャポニズム
ホームページ作成用のサイケデリック調の和風素材や和柄素材、浮世絵調のフリー素材やデスクトップ壁紙のサイト
web*citron
シンブルで可愛い素材
十五夜
和素材の宝庫

無料写真素材フリー「花ざかりの森」
日本の森の美に感嘆
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なのなのな 1-3

「だとすると、彩花が男をダメ男にしちゃってるのかな」
「どういう意味?」
 聞き捨てならぬと彩花がくいついた。
「彩花、嫌われたくなくて、つい相手の言う通りにしちゃっているんじゃない? そうだとすると男はつけあがって勝手し放題になるの。こいつは俺の言うことは何でもきく。何を言っても何をしても怒らない、別れるなんて言わない女なんだなって思って」
 すらすらと言葉が口をついて出た。彩花の心理が手に取るかのようにはっきりわかる。はっきりすぎて他人の心理とは思えないほどだ。
(もしかして、私、自分のことを言ってる?)
 桃子が大学時代に付き合った男がまさにそういう男だった。プロダクトデザイン科の同級生で、大学二年の夏から付き合いだし、桃子が社会人になって半年後に別れた。
 彼は就職活動をしなかった。正確には、自分が志望する会社一社しか受けなかったのだ。彼は自分はその会社に就職してデザイナーとして活躍するのだという自信を持っていた。確かにクラスでの評価はよかったからその自信にまるで根拠がないわけではなかった。しかし、就職はできなかった。
 すっかり自信を無くした彼を桃子は励まし続けた。次がある、別の会社がある、そういって声をかけ続け、落ち込んでいるからと厳しくはしないでいるうちに甘くなり、男は浮気をした。
 見限るようにさっさと別れることができたのは、桃子がすでに社会に出ていたからだった。桃子の世界は広がっていた。次がある、別の男がいる。何もこの男でなくてもと思ったとたん、それまで彼しかいない、この人に嫌われたらどうしようという恐怖心から解放された。
 以来、仕事が恋人になった。仕事は尽くせば尽くしただけの見返りをくれる。わがままは言わない。最高の恋人だ。
「うーん。嫌われたくないっていうか、めんどくさいなと思っている部分はあると思う」
「めんどくさいってどういうこと?」
「かまってやるのがめんどくさい。仕事で忙しい時なんか、休日にどこに行って何をするのか考えるのもめんどうだから、相手にまかせちゃう。何でもいいよとか、好きにしてって言っちゃうのが癖になってるかも。私がかまわないでいるから浮気するんだろうけど、仕事で疲れていると問い詰めるのもめんどくさいし。ほっといたらつけあがるってわかってはいるんだけど。たまに、別れ話するのもめんどくさいって思うこともある。あれかな、水やりがめんどくさくて観葉植物を枯らしちゃうんだけど、男も面倒みないと枯れてダメになるのかな。私、サボテン枯らしたことある!」
 サボテンを枯らす女は強者だと、桃子と彩花は目じりに涙がたまるまで笑い転げた。
「彩花は仕事モードに入っちゃうと、他のことが何も手につかなくなるもんね」
 見かけはほんわかとして愛くるしい彩花だが、デザインの仕事となるとがらりと人が変わる。普段の会話ではすっとぼけた、的外れのようなことを言って周囲をあきれさせたり笑わせたりするが、仕事となると、あいまいな言葉で伝えられる指示をきちんと形にする。相手が言葉にできなかった部分も汲み取って形にする。
 自分の仕事に対してはプライドも高く、納得がいかない仕事に対しては周囲が何を言おうともガンとして受け付けない。理解できない指示は、理解できるまでとことん相手を質問責めにする。そういう時の彩花の口調はいつものおっとりとした調子とは打って変わって早口で、あいまいな表現を避けるのでストレートできつい言い方になる。
「私だって、枯らさないように努力しているつもりだよ」
 彩花の潤んだ瞳が桃子を見上げた。こんなあざとい仕草が男にはうける。“狙ってる”だの”計算している“だの言われるこうした仕草は、鳥が翼をひるがえして空を飛ぶように、魚が水の中を自由に泳ぎまわるように彩花にとっては自然で無理がない。
 自分にはまるで身につかなかった彩花の女の子らしい仕草を真似て、桃子は一度、鏡にむかって上目づかいとやらをしてみたことがある。あまりのえげつなさに桃子自身、気分が悪くなった。以来、好きな男の前でも決して媚を売るような真似はしまいと心に決めている。
「前の彼の時はこうしたから失敗した、だから今度は逆にいってみようとすると、何でだか同じ失敗しちゃうの。構わなくて浮気されるなら、構ってみようとしたらうざがられて浮気される。どうしたらいいのってわかんなくなって、男を枯らしちゃう」
「その人の性格とかにあわせて行動すればいいんじゃないの?」
「考えるよ。でも考えすぎて、余計訳わかんなくなる。裏の裏の裏をかいて結局前のパターンと同じとか、そんなのばっかり。桃子はそういうことないの?」
「学生時代の彼で学んだから。その後はそういうことないな」
 記憶をさかのぼった後、桃子はそう答えた。失敗しようにも、そもそも学生時代の彼と別れて以来、恋人という存在がいなかった。
「じゃあさ、聞くけど、桃子が私だとして、彼から作家デビューしたいからそのために必要な出版費用としてお金を貸してくれって言われたら、どうした?」
「本当に自費出版のための資金かどうか確かめるために、何にいくらかかるかの明細をださせるかな」
「お金はすぐには渡さない?」
「うん。何に使うにせよ、自分で捻出できないで付き合っている女に出させようという時点で、そんな男とはサヨナラ。っていうか、そんな男とはそもそも付き合おうとすら思わない」

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。