Profile

あじろ けい

Author:あじろ けい

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
参加ランキング


にほんブログ村 小説ブログへ

素材サイト様
和風素材×フリー和柄素材 ネオ ジャポニズム
ホームページ作成用のサイケデリック調の和風素材や和柄素材、浮世絵調のフリー素材やデスクトップ壁紙のサイト
web*citron
シンブルで可愛い素材
十五夜
和素材の宝庫

無料写真素材フリー「花ざかりの森」
日本の森の美に感嘆
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なのなのな 3-1

 はぁっはぁっはぁっ……
 荒い息遣いが聞こえてくる。隣の部屋からだ。壁が薄いらしく、上下左右の部屋の生活音は筒抜けだ。とはいえ、寝に帰ってくるだけの部屋だからさほど気にしてはいなかった。三か月前、隣の六〇七号室に新しい隣人が越してくるまでは。
 はぁっはぁっああ…あは…はぁっ……
 腹筋でもしているのだろうか。日曜の朝早くから体力作りとは、ずいぶん熱心な――
 そんなわけはない。
 処女じゃあるまいし、桃子には息遣いの正体がすぐにわかった。
 はぁっはぁっああ…ん…はぁっ……
 桃子はすぐさまテレビのスイッチを入れ、音量を上げた。気が紛れたのはほんのわずかな間で、まるでテレビの音量に対抗するかのように「声」が大きくなった。
(聞かせようとしてんの?)
 そうとしか思えない声の大きさだった。
 桃子はテレビ通販の画面を食い入るように見つめた。映像の力を借りて気を散らすしかない。
 ――散らなかった。
 女の声がオクターブずつ上がっていく。アーアーアーアーアー……まるでアカペラグループの音合わせだ。
 隣人は七色の声の持ち主だ。色っぽい低音の時もあれば、窓ガラスが割れそうな高音を出す時もある。同じ人間が出す声なのかと不思議に思うほど、まるきりトーンの違う時もある。一度、ガマガエルのつぶれたような声がしたことがあった。自分が相手の男なら、その気が失せると思ったものだが、出した本人もそう感じたらしく、ガマガエル声は一度しか聞いたことがない。
 隣に住む女とは二度会ったことがある。最初は、マンションの火災報知器が故障した時で、女はドアの隙間から顔をのぞかせ、周りの様子をうかがっていた。桃子もまた、何ごとかとドアの間から顔を出して他の住人たちの様子をさぐっていて目があった。
 夜中とあって、女はにすっぴんだった。かろうじて眉間に残る眉根は平安貴族を思わせた。実際、平安時代だったら美人だっただろう。細い目、鉤鼻、しもぶくれと平安美人に不可欠な三大要素がそろっていた。
 二度目は、会社帰りに偶然エレベーターで乗り合わせた時だった。真冬だというのに真紫のミニワンピに白のファーのコート、白いニーハイブーツをあわせ、甘ったるい香水をつけていた。
その香水がきつくて、桃子はエレベーター内で窒息しそうになった。先に降りてくれないだろうかと願っていたら、桃子と同じ六階で降り、さっさと六〇七号室に入っていった。その姿は、以前見かけた時とはまるで別人だった。ロングヘアーの金髪は縦にロールが巻いてあった。細い目はアイメイクで大きさが二倍以上になっていた。
 六〇七号室の女はどうやら男がいないと生きていけないタイプらしく、しょっちゅう男を連れ込んでいる。彼女が引っ越してきたその夜から、桃子は「騒音」に悩まされ続けている。
 彼女には、朝も夜も週末も平日も関係ないらしい。いつでもイチャイチャ、ラブラブ、生理の時でも構わずヤっているようで、毎日毎日よく体がもつなあとかえって心配になるくらいだ。
 こうもあっけらかんと声を聞かされ続けていると、悶々ともしない。さながらBGMのようなもので、他の部屋から聞こえてくるテレビの音や音楽と大差ない。大差ないが、うるさいには違いない。
 桃子はげんこつをつくり、六〇七号室側の壁を二、三度叩いた。声のおさまる気配はない。聞こえなかったのかと、今度はやや強めに壁を叩いた。それでも声はやまなかった。
 それなら気づくまで叩いてやろうじゃないかと、桃子は壁を叩き続けた。木魚を叩く要領で壁を叩き続け、そのリズムに恍惚となりかけていくうちに壁の向こう側が静かになっていると気づいた。ようやく桃子のメッセージが届いたらしい。
 これでやっと平和な日曜の朝が戻る。まだ七時過ぎだった。今からでも二度寝するかなと思ったその時、部屋のインターホンが鳴った。
 客がくる予定はない。宅急便でもないだろう。どうせ新聞の勧誘か、国営放送の受信料の取立てだろう。無視しておけば、そのうちいなくなるだろうと桃子はベッドにもぐりこみ、布団をかぶった。
 だが、インターホンは鳴りやまなかった。まるで桃子がいるとわかっているかのように誰かがインターホンを鳴らし続けている。怖くなってますます出る気がしなくなったが、出なければ出ないで、インターホンは鳴りやまない。
 恐る恐る玄関へむかい、桃子はドアスコープから外を確かめた。何かでふさがれているのか、ドアスコープからは白い靄のようなものしか見えなかった。ドアチェーンをしっかりとかけ、桃子はゆっくりとドアを開けた。

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。