Profile

あじろ けい

Author:あじろ けい

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
参加ランキング


にほんブログ村 小説ブログへ

素材サイト様
和風素材×フリー和柄素材 ネオ ジャポニズム
ホームページ作成用のサイケデリック調の和風素材や和柄素材、浮世絵調のフリー素材やデスクトップ壁紙のサイト
web*citron
シンブルで可愛い素材
十五夜
和素材の宝庫

無料写真素材フリー「花ざかりの森」
日本の森の美に感嘆
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なのなのな 5-4

 すっと胸が軽くなった。持ちきれなくなった荷物をかたっぱしからその場に投げ下ろすかのように、桃子はまくしたてた。
「彩花のことを考えてじゃない。先輩が好きだから、早すぎるって言ったの。嫉妬の気持ち。先輩の気持ちが私にないってわかってても、最後の一線だけは越えてほしくなかったから。フラれたけど、今もまだ好きなの。だから、相談にはのってあげられない。ふたりがうまくいくようになんて、してあげられない。そんな気になれない」
 恋を失った。友情も失うかもしれない。そんな覚悟で打ち明けたが、彩花は怒り出すどころかずっと冷静に桃子の話を聞いていた。
「佐野さんを好きだったのに、どうして付き合えなんて言ったの?」
 カンパリオレンジを飲んで一息いれた彩花が尋ねた。
「誤解しないで。責めてるんじゃないの。単純に知りたいだけ。なんで『佐野さんは私の好きな人』って言ってくれなかったの」
「『私の好きな人』って言っていたら、彩花はどうした? 告白されたけど付き合わなかった?」
 ファジーネーブルをすっかり飲み干し、桃子は言った。
「付き合ってなかったと思う」
 五分ほど考え込んでから、彩花はそう答えた。
「私の好きな人だってわかったら身を引いたってこと?」
「うん」
「彩花が先輩と付き合わなかったとしても、先輩は私を好きにはならなかったし、私と付き合うってことにはならなかったよ」
「……」
「彩花が身を引こうがどうしようが、先輩が私を好きじゃないってことに変わりはなかったの。だからどう転んでも今と結果は同じ」
「身を引くってわけじゃなくても、タイプじゃないから付き合ってなかったと思う」
 彩花は同じようなことを三か月前にも言っていた。同じ店の同じカウンター席で。
「ねえ、どうして付き合えって言ったの」
「先輩が好きだから――好きな人には幸せになってもらいたかったから」
「私のことを思ってってわけではなかったのね」
 すねたように、彩花は唇を尖らせた。
「彩花のこともちゃんと考えてたよ。先輩がとんでもない男ならダメって言ってた。彩花、泣く恋はこりごりだって言ったじゃない? 先輩なら絶対彩花を泣かさないっていう自信があったから」
「桃子のことは泣かしたわけだけど」
「まあ、そうなるけど……」
 失恋してさんざん泣いて過ごした日々は、彩花にはお見通しだった。
「佐野さんに気持ちを伝えようとは思わなかったの?」
 貴一にそれとなく気持ちを伝えたが、まともに受け取ってもらえなかったと桃子は伝えた。
「せつないね」
 自分の恋のように、彩花は物悲しい調子で呟いた。
「わかった。桃子に相談にのってもらえないのは痛いけど、そういう事情ならしょうがないよね」
 彩花の無邪気な笑顔に、今度は救われる気分だった。
「ごめんね。他の男のことならまともに判断できるけど、先輩となると嫉妬のバイアスがかかってちゃんとした判断を下せないから」
「桃子なしでちゃんとやっていけるかな」
「大丈夫。間違ったって何だって、自分で考えて出した答えなら、納得がいくでしょ。後悔もあるけど、間違えて学んでいく。だからこそ、今までと違うタイプの人と付き合った方がいいのかなって彩花は考えたんだし」
「それでも不安はあるの。地図をもたないで歩いている感じ」
「人生って、そういうものじゃないの――」

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。