Profile

あじろ けい

Author:あじろ けい

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
参加ランキング


にほんブログ村 小説ブログへ

素材サイト様
和風素材×フリー和柄素材 ネオ ジャポニズム
ホームページ作成用のサイケデリック調の和風素材や和柄素材、浮世絵調のフリー素材やデスクトップ壁紙のサイト
web*citron
シンブルで可愛い素材
十五夜
和素材の宝庫

無料写真素材フリー「花ざかりの森」
日本の森の美に感嘆
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッチアップ 8

 「今度、ブーブーをあげるからな」
 別れ際、修一はバスを降りたがらない誠をそう言ってなだめた。その約束は一週間後に果された。
 涼子は五時のバスに乗った。ステップを上がっていきながら、運転席の修一と目があった。言葉は交わさず、会釈だけをして席に着いた。降りる時、修一から紙袋を渡された。紙袋はずしりと重かった。
「これ、この間、誠くんに約束した車のおもちゃ。俺が子どもの頃に使っていたものなんだけどさ。気に入ってくれるといいけど」
 紙袋の中身は、ラジコンやミニカー、電車のおもちゃなどだった。誠が特に気に入ったのはラジコンのダンプカーだった。コントローラを扱うことはまだできないので、ダンプカーだけを手にして走らせたり、荷台に庭の土を入れては落とす、落としてはシャベルですくった土を入れるを飽きずに繰り返していた。
 庭いじりの好きな父は、誠のために庭の一角をほりかえし、小さな工事現場をあつらえた。本物の工事現場のように何か所かに盛り土があり、その間をダンプカーを走らせることができる。掘り返した時に出てきた小石だけの小山もある。誠は服も手足も土だらけにして一日中、“工事現場”に入り浸っているらしい。らしいというのは、昼間は学校にいるので、母から聞いた話だった。
「飽きないのかしら」
「好きみたいよ。お父さんがトンネル作って、電車のおもちゃを通らせたりしてみせたけど、まるっきり興味みせなかったんですって」
 父の奮闘ぶりを想像し、涼子は思わず微笑んだ。
「車に興味があるのかしら?」
「そうみたいね。それも大きなもの、ダンプカーとかショベルカーとか、働く車が好きみたいよ。魚屋さんとこ、今リフォームしているでしょ。いろんな大きな車が出たり入ったりしているのを、ずっと見てるわよ」
 一軒隔てた藤山家では、辰雄の結婚にともない、二世帯住宅に改築中だった。
「バスも好きよ」
「バス?」
「散歩していても、バスが通りかかると立ち止ってじっと見てるわよ。あなたが降りてくるって思っているんじゃないのかしらね。夕方の散歩だとバス停まで行くってきかないの。ママは遅くなるって言っても、子どもだからわからないのね。十分ぐらい付き合って、あなたが帰ってこないとわかるとやっと諦めるのよ」
「そうなの、知らなかった」
「そうでしょう。あなた、この頃、夜遅いから、話す機会もなくて」
 母はそう言って、お茶うけのキャベツの浅漬けをかじった。
「勉強が忙しいのはわかるけど、少しは誠にも目を向けてちょうだい。子供って一日、一日、成長していくのよ。それを見てあげられないのは、母親としてどうかと思うわよ」
 うん、と涼子は力なく頷いた。
 母は克弥との関係に気づいている。送ってもらう時は、車のエンジン音が聞こえない場所で降ろしてもらっているが、母親の勘か、女の勘か、母は男の存在を嗅ぎ取っていた。

「子どもとの時間を大事にしたい」
 そう言うと克弥はあからさまに不満げな顔をしてみせた。勉強も忙しくなるし、就職活動も考えないといけない。
「まったく会えないわけじゃないんだから」
 そう言うとようやく克弥は現実を受け入れた。こちらの子どもの機嫌を取るのも一苦労だった。

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。