Profile

あじろ けい

Author:あじろ けい

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
参加ランキング


にほんブログ村 小説ブログへ

素材サイト様
和風素材×フリー和柄素材 ネオ ジャポニズム
ホームページ作成用のサイケデリック調の和風素材や和柄素材、浮世絵調のフリー素材やデスクトップ壁紙のサイト
web*citron
シンブルで可愛い素材
十五夜
和素材の宝庫

無料写真素材フリー「花ざかりの森」
日本の森の美に感嘆
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1話 ヒールは5センチ

ヒールは5センチ ― パンプスを買う時、上原奈々子はそう決めている。9センチでもなく3センチでもなく、5センチ。身長155センチの奈々子がちょうど160センチの高さになる。
 「小さく産んで大きく育てる」つもりだったのにと母に文句を言われる奈々子は、大きく生まれた。
 女の子にしては大きな3800グラムで生まれ、幼稚園、小学校といつも誰かの後頭部を見続けてきた。自分の後頭部に視線を感じるようになりだしたのは、中学に入ってからだ。高校生になってからは、低いほうから数えたほうがはやくなった。
 クラスメートたちがぐんぐん成長していくので列の前へ前へと押し出されていく奈々子は、小さくなる薬を飲んでしまったアリスの気分だった。
 奈々子の身長は155センチでとまった。高くも低くもない。20~24歳の平均身長約159センチをほんの少しだけ下回る中途半端な身長が奈々子は不満で仕方ない。
 不満をぶちまける相手の母親は、だが、高すぎず低すぎず、ちょうどいい背の高さではないかと言う。
「女の子はちょっと小さいぐらいが可愛げがあっていいじゃないの」
 そういう母は150センチあるかないかぐらいだ。
「どんなに小生意気でも、背が小さいと可愛いもんだですんじゃうわよ」
 母は暗に、勝気なところのある奈々子の性格を批判していた。
 いっそ150センチを大きく下回るというのなら小動物のような可愛い女の子のアピールができただろう。モデルになれるほどの美貌は持ち合わせていないので高すぎても困っただろうが、せめて160センチは突破したかった。
 身長160センチは奈々子の目標でもあり、こだわりでもあった。
 第一に、160という数字はきりがいい。一の位がゼロというのは清々しく、そこから何かが新しく始まるような期待感に満ちている。成長過程の150センチ台は少女時代のもの、新たにゼロから始まる160センチとは大人の女性となる出発地点なのだ。大人の素敵な女性の身長は160センチ以上あるべきものだ。少女だった奈々子はそんな妙なこだわりをもった。
 そのこだわりは、大ファンだったアイドルの結婚をきっかけに強くなった。彼の結婚相手は一般人だという理由で写真も名前も公開されていなかった。結婚報道記事にはただ一文、「身長162センチのすらりとした美人」とだけあった。世間一般の考えでも、160センチが女の子と女の人の分岐点なのだと、奈々子は確信した。高校2年の時だった。しかし、身長は155センチでとどまったまま、奈々子は成人式をむかえてしまった。
 二十歳を過ぎて世間一般には大人の女性として見られているものの、奈々子自身は脱皮しかけた途中でさなぎの殻にひっかかってしまったような、中途半端な感覚がぬぐえない。
 たかが5センチ、されど5センチ。この5センチが奈々子にとっては大きな壁だった。
 初めてハイヒールを履いたのは、二十歳を過ぎてすぐの頃だ。アルバイトして買った5センチのハイヒール。ふらつく足元でおそるおそる町へ繰り出した奈々子の世界が変わった。
 それまで知っていた世界には続きがあった。奈々子には見えないように折り返されていた世界。5センチのヒールは、折り返してあった部分をほどいてみせてくれた。
 他の人はこの世界をずっと見てきたんだ ― 奈々子は自分だけが損をしてきたと感じた。
 右利きの人間の都合のいいようにできている世の中で左利きの人間が不自由を強いられるように、平均身長よりほんの少し背の低い奈々子は日常生活で不自由を感じることが多かった。
 電車の吊り革は指の先をかろうじてひっかけられる程度で、しっかりつかまろうとすると腕がつった。吊り革に手が届かないほどの不便さなら潔く諦めてポールにつかまるが、手が届かないわけではないというほんの少しの不自由さが奈々子を苛立たせた。
 そんな時、奈々子はいつも思う。
 あと5センチ、背が高ければ……

 土曜日の夕方、夕食の買い物でごった返すスーパーで、奈々子は「あと5センチ」と思った。
 ここのところ気に入って食べ続けている低カロリーのカップ麺の置かれた棚に手が届かない。
 そのカップ麺は、いつもは奈々子の目線の高さの棚に置かれているのに、その日の棚はからっぽだった。人気商品で、2つの棚に並べられているのだが、今日に限ってセール価格の札が貼られ、上の棚にほんのわずかな数が残っているだけだった。
 届くだろうかと、奈々子は爪先だって手を伸ばした。少し奥まったところに転がっていたカップ麺の胴体に指先がわずかにかかったかとおもったら、あと少しというところで、カップ麺は奥へと転がっていってしまった。あとはいくら背伸びをしても、手を伸ばしても届かない。それが最後のカップ麺だった。
 しょうがない、他のもので我慢しようと奈々子は諦めようとした。だが、どうにも諦めきれない。
 あと5センチ背が高かったら、きっと棚の奥に転がってしまったカップ麺にだって簡単に手が届いていただろう。
 土曜日とあって、奈々子はスニーカーを履いていた。
 欲しいものはそこにあるのだ、手が届かないというだけで諦めるのは悔しい。
 奈々子はきょろきょろと周囲を見渡した。店員がいたら頼んで取ってもらおうと思ったのだ。
 その時だった。
 背後から長い腕がぬっと伸びてきたかとおもうと、棚の奥に転がったカップ麺をつかみ、クレーンのように奈々子の目の前におりてきた。
 見上げた顔と、見下ろす顔とが見合って「あっ」と同時に声があがった。

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。