Profile

あじろ けい

Author:あじろ けい

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
参加ランキング


にほんブログ村 小説ブログへ

素材サイト様
和風素材×フリー和柄素材 ネオ ジャポニズム
ホームページ作成用のサイケデリック調の和風素材や和柄素材、浮世絵調のフリー素材やデスクトップ壁紙のサイト
web*citron
シンブルで可愛い素材
十五夜
和素材の宝庫

無料写真素材フリー「花ざかりの森」
日本の森の美に感嘆
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2話 せいたかのっぽ

クレーンのような長い手の持ち主は鈴木太一、奈々子の会社の後輩だ。後輩とはいえ、二浪して入った大学で2年留年しているので年は29歳と、奈々子よりも4つ上だ。
 奈々子の働く広報部に太一が配属されてくる前から、奈々子は太一の顔だけは知っていた。太一は新入社員ながら社内で一番の有名人だった。
 何しろ背が高いから目立つ。195センチだと、太一は広報部の新人歓迎会の飲み会で申告した。
 飲み会での話題は、当然、太一の背の高さに集中した。
 何かスポーツをしていたかという質問にはじまって、親や兄弟も背が高いのかという話になった。
「親父は180ちょっとで、兄貴もやっぱりデカいですね。アニキも190ちょいはあるんじゃないですかね。でもお袋は小さいんですよ。160ないんじゃないのかな?」
 太一は奈々子を意識して言ったわけではないのに、155センチの身長の奈々子は自分が小さいと言われたような気がして、内心むっとした。
 同僚として働くようになってからというもの、奈々子は太一を避け続けた。
 見上げて話さないといけない太一といると、自分の背の低さを強調されるようでイヤだったし、何より上から見下ろされている感覚がイヤだった。見下されているような気がするのだ。
年下のせいか、背が低いせいか、太一は奈々子を先輩扱いしなかった。
(社会人経験なら私のほうがあるのに!)
 奈々子と同期入社の他の社員には今だに敬語を用いるのに、奈々子にだけは対等な口をきくようになった太一が、奈々子は気にくわなかった。
 ある時、太一がメールボックスに入っていたメール便を軽々手にとって奈々子に渡してくれたことがあった。メールボックスは、奈々子にはほんの少し高い位置にある。奈々子が苦労しているのを見かねて太一は手を伸ばしたのだろうが、それがかえって奈々子の気にさわった。
「何よ、背が高いとおもって」
 “ありがとう”のかわりに口をついて出た言葉は、とげとげしかった。
「何だよ、高いところにあるものを取れるから取っただけだろ」
「自分で取れたのに」
 と言う奈々子の手の中に、太一はメール便をおしこんだ。
「俺、背が高いんだから、頼ってくれたっていいんだよ」
「メール便を取ってくださいなんて、くだらないこと、頼めるわけないじゃない」
「何でも自分だけでやろうとするなよ。できないことはできないで、できるやつに頼めばいいんだって」
 
 この日もまた、太一は奈々子がどうしても取れないで苦労していたカップ麺を易々と取ってみせた。
「低カロリーって。ダイエットの必要ないのに」
 ラベルをみて太一はそう言い、前のめりになってカップ麺を奈々子の目の前に差し出した。
 ダイエットに関して男の太一から指図を受けたくはない。むっとしたせいで礼を言おうとした気持ちがシャボン玉のように弾け飛んでしまった。またしても“ありがとう”という言葉を口に出来ずに奈々子はあからさまに不機嫌な様子で立ち尽くしていた。
 奈々子が受け取ろうとしないので、太一は大きな背中を丸め、奈々子の足元のレジかごにカップ麺を入れようとした。かごの中には他に、ポテトチップス、クッキー、チョコレート、他のカップ麺が入っていた。
「晩飯? 体に悪そうだなぁ」
「何だっていいじゃない。人の食べたいものに文句つけないでよ!」
 奈々子は太一の手からカップ麺をひったくり、かごに入れると、すたすたとその場を後にした。

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。