Profile

あじろ けい

Author:あじろ けい

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
参加ランキング


にほんブログ村 小説ブログへ

素材サイト様
和風素材×フリー和柄素材 ネオ ジャポニズム
ホームページ作成用のサイケデリック調の和風素材や和柄素材、浮世絵調のフリー素材やデスクトップ壁紙のサイト
web*citron
シンブルで可愛い素材
十五夜
和素材の宝庫

無料写真素材フリー「花ざかりの森」
日本の森の美に感嘆
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6話 秘密

 午後2時からのミーティングに、太一はなかなか姿を現さなかった。会議室に、広告・宣伝部や開発・企画部のメンバーが集まり始めるなか、太一だけがやってこない。
 奈々子はひとごとながら、内心ひやひやしていた。美香は、世間話をしながら太一を待っていたが、5分、10分とたつうちにその表情がけわしくなっていった。
「はじめましょうか」
 時間は1分でも惜しい。10分すぎたところで美香はミーティングの資料を配り始めた。
「すいません……」
 大きな背中を丸めた太一が会議室のドアを開けて入ってきたのは、2時を20分すぎてからだった。美香の刺すような視線を交わし、太一は奈々子の隣に座った。奈々子は、太一のために取っておいた資料をすっと渡し、小声でそれまでのミーティングの様子を簡単に説明した。

 「鈴木くん、ちょっといい?」
 1時間のミーティングが終わり、関係者たちが次々と会議室を出ていくなか、美香が太一を呼び止めた。太一の少し前を歩いていた奈々子がちらっと後ろを振り返ったときには、会議室のドアは閉められてしまっていた。

「鮎川さんに怒られた?」
「まあな……」
 5分ほどすると、太一だけがワークステーションに戻ってきた。
「20分も遅刻したら怒られて当然ね。ミーティングがあるの、忘れてた? アラーム鳴ったよね?」
 社内にしろ、社外の人間と会うにしろ、時間を守るのは社会人としての基本だ。社内の人間同士だとつい気がゆるみがちになるが、1時間のミーティングで20分も遅れたら、自己管理がなってないとみなされても仕方ない。
「なんだよ、お前まで、鮎川さんみたいな口のきき方すんだな」
「20分も遅れたら、誰だって、どうしたの?っておもうけど」
 社会人としてのいろいろな基本を奈々子に叩き込んだのは美香だった。仕事をてきぱきとこなす美香は、奈々子の目標でもあった。
「ちょっと、腹の調子が悪くてさー。俺、緊張するとダメなんだ」
 太一はどうやらプロジェクトの大きさに緊張して、体調を崩してしまったらしい。
 もしかして、二浪したのも、試験前に緊張したせいかな、と、ふと奈々子はそんなことを思った。太一は、体の大きさに似合わず、案外と繊細な神経の持ち主なのかもしれない。
「鮎川さんには黙っててくれよな。昼に食ったもんが悪くて腹壊したってことになってっから」
「なんで? 正直に言えばいいじゃん」
「“緊張すると腹下すんです”なんてこと、鮎川さんに言えっかよ」
 美香には、太一は男として見栄を張りたいのだろう。
美香と太一は同い年だが、美香と話すときには太一は敬語を使う。奈々子も、美香ほど仕事はできないにしても経験からしたら先輩には違いないのに、太一は奈々子に敬語を使ったことがない。異性にはしにくいはずの下の話も、太一は奈々子には平気に話せて、美香には言い訳めいたウソをついている。美香を異性として意識しているのだろう。じゃあ、私は女として意識しない存在なのかと憤慨しつつも、奈々子は
「まあ、そういうんだったら……」
 と黙っていることを約束した。
 大きなプロジェクトごとに緊張して体調を崩すようでは、この先、プロジェクトをまかせてもらえなくなるかもしれない。キャリアを積んでいくつもりなら、致命的な欠点とみられかねない太一の秘密を、奈々子は守ることにした。
「鈴木くん、体調悪いなら、今日は早く帰っていいわよ」
 会議室から遅れて戻ってきた美香の声に、太一の背中がぴんとまっすぐにのびた。
「大丈夫です!」
 “頼むよ”と目で言い、太一は自分のワークステーションへと戻っていった。

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。