Profile

あじろ けい

Author:あじろ けい

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
参加ランキング


にほんブログ村 小説ブログへ

素材サイト様
和風素材×フリー和柄素材 ネオ ジャポニズム
ホームページ作成用のサイケデリック調の和風素材や和柄素材、浮世絵調のフリー素材やデスクトップ壁紙のサイト
web*citron
シンブルで可愛い素材
十五夜
和素材の宝庫

無料写真素材フリー「花ざかりの森」
日本の森の美に感嘆
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR

【カクヨム3周年記念選手権】三日目お題

お題は「シチュエーションラブコメ」。

投稿しました。

タイミング
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888811395

「開」のつもりで「閉」を押したところだけ事実です。

Topic:オリジナル小説
Genre:Novel/Literature

二番目のお題は「二番目」:カクヨム3周年記念選手権参加中

二つ目のお題「二番目」にまつわるお話を投稿しました。

ポテトサラダ
https://kakuyomu.jp/works/1177354054888795004

苦手ジャンルの恋愛で書いてみました。

Topic:オリジナル小説
Genre:Novel/Literature

フクロウの呪い

こんな話カクヨムに投稿したものだから……

首が曲がらない。正面向いてます。

Topic:物書きのひとりごと
Genre:Novel/Literature

カクヨム3周年記念選手権に参加中

カクヨム3周年記念選手権に参加中です。

詳細はこちら

かいつまんでいうと、編集部が出すお題について、作品を投稿するというもの。賞金でます。

カクヨム開設三周年記念企画です。
カクヨム投稿者なら、ぜひ参加してみてください。
参加者でないなら、これを機会にぜひカクヨムに登録して、参加してみてください。
三月いっぱいやってます。お題は全部で10回でるみたい。

カクヨム
https://kakuyomu.jp/

小説を書いているけど、最近行き詰っている、書くのが遅い、将来プロの作家いなりたい、そういう人に特にお勧めです。

なんでかっていうと、編集部が出すお題から締切日までの時間が短く(3日)、さっと書いて投稿しないといけないからです。

プロットたてて、初稿書いて、推敲して、校正して……と時間をかけていられません。

あ、時間がないからって上記のプロセスをすっとばしてはダメですよ。

一プロセスにかける時間を短くするんです。てか、短くしないことには3日で書けません。文字数は1200から4000字と少ないですけど。

書くのが遅い人にはちょうどいい鍛錬になります。賞金というモチベーションもあることだし。

行き詰まっている人は、お題があるので書き出しやすいんじゃないかと。

プロの小説家は、編集部(=読者)の要望に応えて作品を次々と書いていかないとならない。企画から執筆までスピードを要求される仕事です。プロになれたら、こんな感じか、というのがわかってもらえるのと、訓練になるのと。

私は行き詰まっていた口でして、これではいけない、自分で何かお題を考えて何でもいいから書かねばと思っていたところでして、人がお題を考えてくれる、しかも締め切りまで設定してくれて、よくしたらお金だってもらえてしまう。

飛びつきました。

一回目のお題が「フクロウ」だったこともありますが。

フクロウ大好き。あの、ふわもこ、たまらん!

ちなみに私の投稿作品はこちら。興味のある方はぜひ。
タクシー

Topic:物書きのひとりごと
Genre:Novel/Literature

縦書きに対する熱い思い

ひいー2年ぶりの投稿。

この2年、いろいろありました。そしてこの1か月、すったもんだでヒマになった(苦笑)。なのでブログに復活。

作品を小説家になろうに移転という記事(↓)を書きましたが、カクヨムにも投稿することにしました。

理由は縦読みが可能になったから。

テクノロジーの進歩、万歳!

ウェブの世界が横書きだっていうのは十分承知してます。しかし、日本人として縦書きは譲れない。小説は縦書きで読みたい。そう思って縦書きで読めるサイトへの投稿をずっと考えていました。

小説家になろうに移転を決めた理由も下記の通り、縦書きで読めるからでした。PDFで落とせるし。

カクヨムはPDFには落とせないものの、画面上で縦書きで読めます。すいすい読めますな。

PDFでも落とせて、画面上の縦書きで読めるのがベストですが。

というわけで、両者(PDF&画面)に投稿!

Topic:物書きのひとりごと
Genre:Novel/Literature